社内管理にも応用可能

オフィス

社内通貨を発行できる

フィンテックは一般のユーザーが利用するものと思われがちですが、社内管理にもとても高い効果があることが知られています。フィンテックを社内管理に利用する際には、社内通貨を発行してその管理の際にフィンテックを活用するパターンが多いです。フィンテックによって管理可能な社内通貨にはいくつかの種類が存在していて、活用方法が様々です。そのためしっかりと各種の活用方法を理解して、社内管理に役立てると良いです。通常社内管理においてフィンテックを活用する際には、会社が推奨する働き方を推進する際に利用されます。例えば残業時間を減らしたり、生産性を高めることに貢献した社員には、社内通貨を配るという方法です。またコミュニケーションツールとして社内通貨を配れるシステムも、様々な形で導入されており、ちょっとした感謝の気持ちを示すために社内通貨が利用されます。一般的にフィンテックを活用する形で運用される社内通貨となっているのが、「OOIRI」というイスラエルの会社と日本の会社が共同で開発した通貨です。またその他にも「エブリ」や「シャイカ」など様々な社内通貨が発行されており、フィンテックの技術が活用されています。フィンテックが社内管理に広がれば、労働環境の改善や働きやすさの実現が期待できます。また分業システムや社内でのワークシェアなども、円滑に行えるようになるので、今後もフィンテックの技術は広がっていくとされています。