PC

効率的に経理の方法を変更

最近になって取り上げられるようになったフィンテックは、会社の会計を楽にするための手法として、導入を始める企業が増えてきています。無料の体験版も用意されているので、まずはこれを利用することから始めるという方法もあります。

詳しく見る

女性

経理業務の自動化項目

経理業務は多くの業務がシステム化されていくのですが、入金消し込み作業もコンピュータに実施させることでメリットが出てきます。入金消し込み作業は、売掛金回収のために重要であり、二重請求などを防ぐためにも重要な作業になっているのです。

詳しく見る

オフィス

社内管理にも応用可能

社内管理にフィンテックが利用されるケースでは、社内通貨の管理において利用されることが多いです。フィンテックを利用した社内通貨の管理では、スマートフォンを使った円滑なやり取りが実施され、感謝の気持ちを伝える際に社内通貨が支払われます。

詳しく見る

会議

必須のシステム

多くの企業にとって入金消し込みは大切です。ですが、非常に難しくややこしいので大変という声は多いです。そうした入金消し込み作業を楽に、そして確実に行えるのがクラウド管理システムです。このシステムを利用するメリットはとても多く、様々な企業で必須と言われています。

詳しく見る

男性

特化した金融商品のこと

ファイナンスとテクノロジーがあわさった造語であるフィンテックは、インターネットに特化した金融サービスのことです。日本では2015年頃から、金融機関や大手の電気メーカーが注目しはじめ利用者が増え始めました。これからも大きな経済効果を、もたらしてくれるお金に関する新しい知識と技術です。

詳しく見る

経理の人件費を節約

握手

機能別に異なる費用

入金消し込みシステムの導入費用はどれぐらいになるのでしょうか。これはシステムの規模や利用状況によって大きく変わるため、特に決まった相場はありません。簡単な自動入金消し込みシステムなら、無料〜月額千円程度でも利用できるクラウドサービスがあります。ただし照合できる件数が限られていたり、精度が高くなかったりする場合があります。照合できる売掛金が少ないと、結局は人力でフォローせざるを得なくなるため、導入のメリットをあまり感じないかもしれません。市販の会計ソフトに、入金消し込みシステムがデフォルトまたはオプションで付属している場合もあります。このときの費用は会計ソフトの価格になり、機能の豊富さはソフトの性能に依存します。また近年では銀行でも自動入金消し込みサービスを行っています。使い勝手は銀行によって異なります。本格的な入金消し込みシステムになると、自社専用にカスタマイズするなら数百万円以上、クラウドサービスを利用する場合でも月額数十万円になることがあります。それでも月間数千件の入金消し込みを、すべて人力で行う場合に比べれば、人件費を大きく節約できるでしょう。自動学習機能の付いた消し込みシステムなら、使えば使うほど照合できる件数が増え、さらなる省力化に繋がります。入金消し込みを自動化するメリットは、売掛金の件数が多ければ多いほど大きくなります。会社の規模に合わせてシステムを選ぶことが大切です。